この3つに当てはまるあなたは在宅ワークが向いている!!

この3つに当てはまるあなたは在宅ワークが向いている!!

副業に興味を持つ方は近年増えてきました。主人の給料だけでは家計が苦しい、自分も何かできる事はないかと主婦が副業を始めるというのは最近よくあるパターンです。

アルバイトとして稼ぎに出たり、内職をして収入を得ていますが、限られた時間の中である程度の収入を得るのは難しいです。
どうしても融通がきかないし、長時間働く事が出来ないからです。

そんな方に自宅に居ながら仕事ができる在宅ワークが人気を集めています。

1.自宅に居ながら仕事をする

私が在宅ワークに挑戦してみようと思ったのは、同居している父親の転落がきっかけです。
自宅の庭から1.5mほど下にある隣人の庭に落ちてしまったのです。大きなケガに至るようなことがなかったのは幸いですが、私の頭の中に介護の2文字が浮かんできました。

それからというものの、時間の合い間を塗っては家でできる仕事がないか調べるようになりました。
内職などいくつか調べているうちにインターネットを使って稼げる仕事があることを知りました。

その中からいくつかピックアップして、とりあえず1日1時間ほどかけてやることに決めました。

2.実際にどんな仕事があるのか

最初に挑戦したのはお小遣いサイトと呼ばれるものです。

サイト内のゲームで遊んだりアンケートに答えたりしてポイントを稼いでいくものです。このポイントは一定数たまると現金に換えることができます。
最初の1ヶ月で稼げた金額は1000円ほどでした。時給に換算すると30円ほどですが、それでも在宅ワークで稼げたことに喜びを感じました。

次に挑戦したのはライティングという仕事です。200文字から1000文字くらいの文章を書いていきます。

学校の授業で国語を苦手にしていた私にとっては、最初とても苦労しました。
どのようなことに気をつけて書いたらいいのかわからず、文章を書く基本が掲載されている内容の本を図書館で借りたりしていました。

単価は高い案件で1文字1円です。文章を書くスピードが速ければ速いほど自分の利益になります。高いモチベーションを維持したまま仕事をすることができるのです。

3.自分のやった分だけ稼げる

私が現在、最も力を入れている在宅ワークはブログです。これも基本的には文章を書く仕事となります。

ただ、文章を書く依頼を受けているわけではありません。自分が作ったブログに広告をはりつけて収入を得ています。
ブログであれば、お客のいい値で仕事を受注する必要がありません。

また、仕事がないと困ることもありません。すべて自己責任ですが、稼いだお金は全部自分のものにすることができます。

まとめ

インターネットを使った在宅ワークに定年はありません。手と目がちゃんと機能するかぎり、一生働くことができるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ